fbpx

SiGMA

パチンコ&パチスロのガイド

掲載日時 4月 06, 2022 19:11 Category: アジア , カジノ , 土地ベース , 投稿者 Content Team

日本の賭博規制は非常に厳しく、オンラインとオフラインの両方が違法とされている国で、日本のプレイヤーは法律を回避してギャンブルを楽しむ方法をまだ見つけている。

何百万人ではないにしても、何千人もの人々がこの運動に打ち込み、パチンコ・パーラーというコンセプトが生まれた。比較的暗く、過度に騒々しいことで知られるこれらのスポットは、日本で最も人気のある娯楽施設の一つである。最近では、パチンコ店には世界の他の地域ではあまり知られていないかもしれない別の種類のスロット、パチスロがあることも知られている。このニッチな日本のゲームについてもっと知りたいですか?今日はそのことについてお話ししよう。

パチンコ機とは?

娯楽用アーケードゲームとして設計されていますが、主にギャンブル目的で使用されています。パチンコスロットは日本の機械式ゲームで、ピンボールマシンにかなり似ている。この場合、プレイヤーは上からいくつかの金属のボールを注ぐよう求められ、そのボールは真鍮のピンを打ちながら落下し、結果はボールが落ちた方法によって決まる。ここでのプロットのひねりは、プレイヤーがゲームの結果に潜在的に影響を与えるためにピンを動かすことができるということである。

パチンコ遊技の設定も比較的簡単である。ボールが最初に入る競技場があり、そこにはいくつかの真ちゅう製のピンがあり、キャッチャーと呼ばれる小さなカップがいくつかある。キャッチャーは、ボールが落ちてくることを期待している。また、底には、パチンコが失敗した場合に競技場を出るための穴がある。

1960年代のパチンコ機にはいくつかのバリエーションがあるが、 「チューリップキャッチャー」 として知られている人気の機能には、直径の開閉をランダムに行うキャッチャーやパターンの異なるキャッチャーがある。

パチンコの目的は、できるだけ多くの玉を捕手に集めることだ。もともとこのゲームは厳密には機械的なものだったが、スロットマシンのようにインターネットの出現ですべてがデジタル化され、パチスロもオンラインスロットに相当する。

スロットマシンやオンラインスロットのように、現在市場には何百種類ものパチスロゲームが出回っており、中には人気ミュージシャンや有名キャラクターなどをテーマにしたものもある。繰り返しになるが、より伝統的なゲームは、迷路のようなピンを横切って落ちるボールを含む基本的な機能から、ハイエンドのグラフィックスやアニメーション、特殊効果、背景ノイズなどを含むより複雑なパチスロを含む傾向がある。

報酬の面では、日本の厳しい賭博法を回避する見事な抜け穴を日本は考案した。パチンコで運が良ければ、金の玉がもらえる。日本ではギャンブルをして現金を手に入れることは違法なので、パチンコ店で玉を両替することはできない。しかし、隣にはたいてい別の店があり、そこでは金属の玉と引き換えにいくつかの商品を購入することができ、それを返品して現金の払い戻しを受けることができる。報酬には、チョコレートバーやライターなどのシンプルなアイテムから、電子機器や高級品などの高価なアイテムまで含まれる可能性がある。

日本におけるパチンコの起源

日本で最初にパチンコが作られたのは1920年頃で、子供向けゲームのコリントゲームとして知られている。ギャンブルでは、日本のパチンコ店は第二次世界大戦中に閉鎖され、40年代後半に営業を再開し、1948年に名古屋に初めての公式店舗がオープンした。それ以来、パチンコは台湾各地にいくつかの店舗がオープンするなど、時代を超えて最も人気のあるゲームの一つとなっている。

1980年代まで、パチンコ機はベルを使ってゲームのさまざまな段階を示す純粋な機械装置だった。電球を点滅させ、玉切れなどを知らせるだけで済む。その後、パチンコ機は、電子的な機能を多く取り入れながら、工学的な観点から進化する傾向にある。

オンラインパチスロの仕組みと決済システム

日本の伝統的なパチンコから直接派生したもので、最近ではパチスロとも呼ばれるようになった。このような近代的なゲームは、パチンコ店やゲームセンターのアダルトコーナーでよく見られている。デジタルスロットマシンが想像するのと同じように、パチンコスロットは一般的に最大6段階のオッズを提供する。

もちろん、あなたが想像しているように、多くのパチンコ店の経営者がこれらの機械を自分たちに有利に設置しているが、彼らはまた、その店の中で誇大宣伝をするために、高額のペイアウトを提供するいくつかのパチンコスロットを設置することでも知られている。座席に座る前であっても、これらがどのマシンであるかを識別することは、もちろんゲームの大きな部分を占める。このテクニックは、ほかのマシンのプレイヤーたちの間に、 「ギャンブラーの誤り」 として知られる独特の現象として、誤った希望を生み出す。

繰り返しになるが、これらのパチンコスロットデザインやテーマは人によって大きく異なり、ゲームプレイに密着したスクリーンを備えている。パチンコはゲームとなると比較的グレーゾーンに見えるかもしれませんが、合法性を維持するためにいくつかのルールがあります。例えば、パチンコは常に3つのリールを持っていなければならず、各リールには、プレーヤーが手動でそれらを停止させることができるボタンがなければならない。パチスロリールは80 rpm以上の速さで回転することはなく、0.19秒以内に完全に停止することができる。これは、約4つのシンボルgiveまたはtakeに相当します。その他のパチンコスロットルールには、上限付き最大勝率などがある。

パチスロとカジノスロットの違い

先に少し触れたように、パチンコスロットはある意味カジノスロットに似ていますが、両者にはまだ大きな違いがいくつかある。オンラインギャンブルの興隆に伴い、アジア以外の地域でもパチスロの人気が高まっており、いくつかのパチンコスロットは従来のパチンコから着想を得ています。とはいえ、最近追加されたこれらの機能は、ゲームのルールや一般的なデザインという点では、ビデオスロットにより近い傾向にある。

最も重要な違いは、パチンコでは3つのリールしか使用できないのに対し、ビデオスロットでは3つ、5つ、場合によっては最大7つのリールを使用できることである。それとは別に、パチスロは、時間をかけて蓄積される非常に小さな潜在的な勝利を提供することで知られており、これは何よりも忍耐のゲームである。一方、カジノスロットは、パチンコゲームの世界では一般的ではない、多くの特別なシンボルや機能を提供することで知られている。

ぱちんこゲームは一見似ているように見えるかもしれませんが、カジノスロットとの共通点は想像するよりもはるかに少ないものである。全体的に、試すにはかなりユニークなゲームだ。

どこでパチンコやパチスロをプレイできるか?

パチンコは、一般的に日本の様々なゲームセンターで見られますが、その多くは、仕事帰りの客を引き付けるために駅のすぐ隣にある。飛行機に乗らなくてもこのゲームを試してみたいと思っているなら、いくつかのデジタルパチンコのスロットを提供しているオンラインカジノがある。

アジアで絶大な人気を誇るパチスロだが、ヨーロッパやアメリカを含む西洋世界に進出したのはごく最近のことで、いくつかのソフトウェア会社やゲーム開発会社がこのゲームジャンルを掘り下げている。

また、土地を基盤としたカジノでは、多くのパチスロ機を目にする可能性がある。そこでは、確立された合法的なカジノでギャンブルをすることになるため、金属球ではなく現金で支払われることは間違いない。

Japan Technical Games:ベストパチスロのクリエーターズ

パチンコとパチスロに関して言えば、日本テクニカルゲームズまたはJGTは、現在の明白な世界的リーダーである。シンプルで楽しいゲームシリーズを提供するこのゲーム開発者は、プレイしやすく、あらゆるレベルのプレーヤーに適したタイトルを数多く開発してきた。

今日、JGTは、Oryx GamingやGolden Heroなどの他のゲーム開発者との多くの成功したパートナーシップを持ち、新しい種類のオンラインスロットを開拓している。一般的にJGTパチンコスロットは、相対的に高いRTP (プレーヤーへのリターン) を有する中分散または高分散ゲームと考えられる。

ペイアウトは一般に下側にあり、リール上のさまざまな記号と数字の組み合わせによって行われる。通常、これらのパチスロにはそれぞれユニークな特典やボーナスラウンドが付いてきるが、その中には、神様が味方してくれば大当たりになるものもある。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…