fbpx

SiGMA

フィリピン当局の弾圧により解放されたPOGO労働者

掲載日時 9月 19, 2022 12:09 Category: アジア , オンライン , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

フィリピン当局は、違法なフィリピンオフショア・ギャンブル運営会社 (POGO) で働いていた140人を解放した。その数日前に同業界の犯罪に対する取り締まりを発表していた。

フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング社 (PAGCOR) もパシグ市のクリムソン・チューリップBPOと特定された1社の免許を取り消した。

当局は、アンヘレス市の一事業で40人の外国人労働者を違法なPOGOから解放し、リサールではさらに100人を解放した。当局は、労働者は誘拐され、不法に拘禁されたと述べた。

労働者の大部分は中国人だったが、ベトナム人、台湾人、マレーシア人、現地フィリピン人も含まれていた。

PAGCORをはじめとする国内の法執行機関は先週、誘拐事件の増加を受けて、業界を浄化するための2週間の猶予を与えられた。PAGCORの会長兼最高経営責任者のAlejandro Tengco氏は、この犯罪は業界に悪評をもたらしていると述べ、合法的なPOGOに対して、業界全体を危険にさらしている悪者を排除するために協力するよう求めた。

釈放された労働者は入国管理局に引き渡され、書類と労働許可証をチェックされる。

海外の賭博業者を一掃する命令は、Ferdinand Marcos大統領から出された。

フィリピン国家警察も月曜日、不法就労者を排除する取り組みを強化すると約束した。

現地メディアによると、POGO作戦が承認されたときに入国した中国人は少なくとも80万人いたという。

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Related Posts

SPACと…

オーストラリアのPlayUpが、特別買収…

LCB A…

受賞歴のあるカジノ関連会社は、マルタで開…

Playt…

英国上場のPlaytechは、2010年…