フィリピンのオンライン賭博が危機に-米上院議員が禁止を要求

Content Team 1年前
フィリピンのオンライン賭博が危機に-米上院議員が禁止を要求

フィリピンの有力上院議員が、誘拐や暴力犯罪の増加を受けて全面禁止を求める法案を月曜日に提出したことから、同国のオンラインギャンブルが危険にさらされている可能性がある。

Joel Villanueva上院院内総務の法案1281は、最長6ヶ月の懲役と最大50万フィリピン・ペソの罰金を科し、あらゆる形態のオンライン・ギャンブルを非合法化すると地元メディアは報じている。

Villanueva議員は次のように述べたという。「この法案は、インターネットやあらゆる形態のオンライン・ギャンブル活動を通じてオンライン・ギャンブルや賭けを行うことを禁止し、モラルや価値観のさらなる悪化を防ぎ、人々に偶然のゲームに頼るのではなく仕事をするよう促し、中毒を止め、命を救うことを目的としている。」

この法案は超党派で支持されているため、この脅威は深刻だと地元の業界関係者は述べた。同氏はまた、違法なゲーム関連法が強化され、フィリピンを標的とするオフショア施設の建設が阻止されることを期待していると述べた。

フィリピンのオンラインリーダー

フィリピンはアジアにおけるオンライン賭博規制の先陣を切っているが、賭博業界には賛否両論がある。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は2016年に就任した際、オンライン・ギャンブルの弊害を批判しました。しかし、そのすぐ後に、業界の規制機関であるフィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング社 (PAGCOR) は、その代わりにフィリピン・オフショア・ギャンブル運営会社 (POGO) スキームを通じて規制の改善と税収の増加を求めた。

国外でしかサービスを提供できないこれらの企業は成功したが、その結果、中国本土を標的とする企業に働くために中国人が国内に殺到したため、ギャンブルや移民関連の犯罪も増加した。

COVIDはPOGO活動に蓋をしましたが、国が業務を再開した最近になって、この分野が再び注目を集めている。

PAGCORの取り締まり

PAGCORは先週、他の法執行機関と協力して一連の誘拐を撲滅すると発表した。PAGCORのAlejandro Tengco会長は、この犯罪は業界の評判を落とし、合法的なプレーヤーを危険にさらしていると述べた。

規制当局は、違法な事業者を排除するための業界の協力を求め、法律に違反する企業の免許を取り消すと脅した。

今月初旬、フィリピン国家警察は、今年これまでに27件の誘拐事件を記録し、そのうちの20件はPOGO関連であったと述べた。

300人のスパルタン

アジアとヨーロッパの主要拠点での勝利の後、AGSは300の主要アフィリエイトをマルタに飛ばし、すべて費用が含まれた豪華旅行に招待しています。イベントはSiGMAと並行して11月14~18日にSiGMA ヨーロッパにて開催されます。

300人のスパルタンについての詳細はこちら。

Share it :

Recommended for you
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前