SiGMA

DraftKings襲撃事件、さらなるトラブルに備えるスポーツブック

掲載日時 11月 23, 2022 11:35 Category: アメリカ , オンライン , スポーツベッティング , 投稿者 Sharon Singleton

報道によると、オンラインスポーツ賭博会社は、DraftKingsの顧客アカウントから30万ドルが引き出されたことを受けて、ホリデーシーズン中のさらなる攻撃に備えているという。

DraftKingsは、攻撃を受けた顧客に返金すると述べた。同社は、顧客のログイン情報が他のウェブサイトで侵害され、その後DraftKingsのアカウントへのアクセスに利用されたと考えていると述べた。

「お客様には、DraftKingsおよびその他のすべてのサイトに固有のパスワードを使用することを強くお勧めします。また、DraftKingsおよびその他のベッティングアプリのベッティング情報を追跡する目的で、第三者のサイトを含め、パスワードを誰とも共有しないことを強くお勧めします」と共同創業者のPaul Libermanはメディアが引用した声明の中で述べている。

DraftKingsの事件は主要メディアの報道で大きく取り上げられたが、Front Office Sportsは、標的となった企業はドラフトキングスだけではないと報じている。

FanDuelは顧客に注意を促す電子メールを送り、 「悪者は休暇シーズンを利用して、家族と過ごす時間に忙しい人々を攻撃する」 と警告した。同社は、異常な活動が増加していることを認めたが、システムは安定していると述べた。

ウェブサイトによると、BetMGMも標的にされたという。同社は、リスクチーム、決済チーム、コンプライアンスチームと緊密に連携しているという。

米国では11月24日が感謝祭の祝日となっている。

Draftkingsは米国最大のスポーツ賭博会社の一つで、11月23日にメリーランド州で営業を開始する予定である。

2023–イベントのカレンダー

SiGMAグループは、世界経済の中で最も活気に満ち、起業家精神にあふれ、急速に成長しているいくつかの産業を利用して、広い視野を誇っている。

グループは、来年、ナイロビ、ドバイ、サンパウロ、マニラ、リマソール、マルタの5大陸でイベントを開催し、隔月で6つの世界クラスのサミットを開催すると発表した。

近く、SiGMAグループはアフリカで初のイベントを立ち上げ、ナイロビ2023は来年1月に開催される予定である。

Related Posts

GIGとX…

メディアとスポーツベッティング運営会社の…