SiGMA

スポーツの結果を堕落

掲載日時 1月 23, 2023 16:53 Category: スポーツベッティング , ヨーロッパ , 土地ベース , 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

八百長に関するスキャンダルや汚職は何十年も前からあった。宣伝されたスポーツの光沢のあるイメージの下には、怪しげなエージェントや、ゲームを腐敗させることをいとわない選手や関係者がいる。スポーツジャーナリストで元FIFA審判のChristopher FrancalanzaはSiGMAニュースで 「八百長の話を目撃すると、いつも残念なことになります」 と語っている。「それはがんのようなものであり、私の意見では、スポーツイベントの結果を操作した選手やスポーツ管理者は、最高刑で罰せられるべきである。」

corrupting outcome of sports
Christopher Francalanza

「法律を知らないからといって無罪になるわけではないので、Boukholdaに一生の禁令を下すべきだった。」

国際テニス公正機関が2人のテニス選手を出場禁止に

国際テニス公正機関 (ITIA) は今月、2016年以降の複数の八百長行為で有罪となったアルジェリア人テニス選手二人の出場を禁止した。Mohamed Hassanは7試合で29回の違反を犯し、永久出場停止と12,100米ドルの罰金を科された。Huria Boukholdaは、五つの試合に関連した15件の八百長行為で1万米ドルの罰金と18か月の出場停止処分を受けた。

ITIAの広報担当者は「Boukholdaの年齢と攻撃時の経験不足から、Hassanの影響を受けていると判断され、より寛大な制裁が科された。 」と述べた。さらに、ベルギーで進行中の法執行機関の調査の一環として、犯罪の証拠が明らかになったことも指摘された。

Boukholdaは、Boukholdaがまだ比較的若く無名であるのとは対照的に、Hassanは世界で1476位にランクされたと述べている。彼は、八百長は「例えば、Rafa NadalNovak Djokovic、その他のようなチャンピオンほど高額の報酬を得ていない若いアスリートや管理者」 の間でより一般的であると要約し、他のスポーツの八百長は通常、下部リーグで発生すると述べている。

「これらのアスリートは、脅迫されたり、何らかの脆弱性を経験したりしているため、時としてゲームを修正して手っ取り早く金を稼ごうとアプローチされることがあります」 と彼は言う。彼らは、特に低賃金であれば、自分自身で富を得る機会だと考えるかもしれない。

無知は無罪にはならない

事実上、八百長問題の背後には、影響力のある犯罪組織や黒幕がいる。Francalanzaは、直接試合を操作しようとして八百長で有罪となった者は、いかなるスポーツイベントにも参加できないようにすべきであると考えている。彼は、 「法を知らないからといって無実になるわけではないので、ブコルダにも終身刑を科すべきだった。しかし、すべての証言と状況を聞いた上で、裁判所のみが正当な判決を下すことができる」 と述べた。

世界的な八百長問題

八百長に一人のオペレーターを置くことはほぼ不可能である。シンジケートがホームマッチを設定して、結果修正に同意した審判を指名できるようにするのが好ましい方法の一つである。トーナメント全体が賭け市場に合わせて調整されるケースもある。制度を悪用しようとする者のために広く開かれた扉である。その後、中間業者は販売とテレビ放映権で利益を得る。

地元サッカー

Francalanzaは、サッカーの試合が決まったときの経験をいくつか語っている。「2013年にマルタの四人の代表選手が八百長の罪で永久追放処分を受け、つい最近では2018年1月にもマルタ代表チームにスキャンダルが起きた。21歳以下の選手6人が八百長で有罪となった」 と述べた。2013年、あるプレミアリーグのチームの八百長を内部告発者が暴露した事件を思い出す。

最近の2021/22年、Attard Football Clubは、委員の一人が試合を修正しようとしたことを認めた後、合計-9ポイントでシーズンを開始した。

Nicosia大学による調査

八百長の脅威は現実味を帯びている。キプロスのNicosia大学が最近実施し発行した 「Combating Match Fixing in Club Football」 と呼ばれる報告書によると、実に114人のマルタ・リーグのサッカー選手のうち93人が、自分たちが出場した公式戦が八百長ではないかと疑っていると回答したという。

スポーツにおけるインテグリティ

Christopher Francalanzaは21年間のサッカー経験の中で八百長に遭遇したことがなく、自身を幸運だと考えている。「試合を操作するためにアプローチされたくないのであれば、常に誠実な人でなければならず、フィールドの内外を問わず境界線を守らなければならない。利益相反の可能性がある場合は、直ちに不正行為を報告することが不可欠である」 と述べた。

しかし、フィクサーの影響を受けないチームはあるのだろうか。

Christopher Lawrence FrancalanzaがSiGMA ニュースに語った。元FIFAおよびエリートサッカーの副審。37歳で現役の審判を21年で引退。Francalanzaは現役時代、マルタのプレミアリーグで250試合以上に出場し、海外で注目を集める国際試合に44試合出場した。彼はMCASTでジャーナリズムを講義し、スポーツを統治する機関を監視するアプローチを取りながら、国際レベルで著名なジャーナリストと協力している。

関連ポスト

SiGMA…

SiGMA財団は、エチオピアのジンマボン…

Kindr…

マルタに本社を置くKindred Gro…