SiGMA

ジョージア、賭博法を強化

掲載日時 3月 29, 2023 10:33 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington
カテゴリー: オンライン, カジノ, ヨーロッパ, 規制,
掲載日時 3月 29, 2023 10:33 カテゴリー: オンライン, カジノ, ヨーロッパ, 規制, 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

ジョージア政府は今月、145万人の国民にギャンブルを禁止する改革を導入した。これは、ジョージアの財務大臣Lasha Khutsishviliによって、市場動向に関する政府の定期的な更新中に明らかにされた。

昨年、ジョージアのIrakli Garibashvili首相は、25歳未満の者に地上およびオンラインでのすべてのギャンブル活動を禁止する新たな改革を承認した。これは、社会的に弱い立場にある人々、破産やブラックリストに載っている人々、ギャンブル依存症のために自己制限をしている個人を支援するための取り組みであると説明した。公務員の賭博も禁止する。現行法では、ジョージアに居住する外国人は18歳以上であればプレーが認められていない。コーカサス諸国がEU加盟候補国の地位を得るためにも、また組織犯罪との闘いに対する意識を高めるためにも、 「欧州理事会12点条件」 を確保する必要があり、これが賭博銀行が強化された理由であった。

すべてのメディアとプラットフォームでのギャンブル広告は制限され、ギャンブルに対する増税は65から70%に課せられた。

さらに賭博規制を強化するため、Khutsishvili大臣が提案した新しい改革案が議会を通過する。新たな禁止措置は非常に厳しいものになると予想されており、提案されている変更には船上カジノに対する制限も含まれている。大臣は、政府の政策を欧州連合の期待に合わせるために、ギャンブル産業の課題に対処するというコミットメントを継続することを改めて表明した。

オンラインゲーミング

2023年4月1日までの施行が想定されている。この変更は、テレビ、外部プラットフォーム、グルジアのウェブサイトでのギャンブル広告を禁止した昨年のすでに厳しいギャンブル規制に続くものである。スポーツを中心にスポンサー契約が認められる可能性もある。

ロビー団体 「メディア擁護連合 (MAC) 」 を構成する多くの市民団体は、さらなる規制、特に広告に関する規制に反対してきた。彼らは、研究が十分に徹底されておらず、特に専門家の評価によって支持されなかったためではないと主張している。MACは、新しい改革が国営放送局に打撃を与えたと考えている。

ジョージアのフォーミュラTVは、現在ゲーム部門の広告収入が全広告収入の約25%を占めており、同ネットワーク上のほぼ全てのエンターテイメントショーは賭け会社がスポンサーとなっていることを明らかにした。メディアロビー団体は、ギャンブル広告の収入が失われれば、確実にドミノ効果が発生し、資源不足でテレビネットワークが機能しなくなり、ネットワークが閉鎖に追い込まれる可能性があると指摘した。

12のオンラインゲーム事業者のみが、管轄区域内での運営を許可されている。オンラインゲーム事業者も、管轄地域でサービスを提供する前に追加の承認を必要とする。運営者が一般に公開する各オンラインゲームの許可には、GEL 10万 (36,974米ドル) の費用がかかる。

グルジア賭博協会

グルジア賭博協会は、ギャンブル事業に従事し、会員企業の正当な営業利益を保護する非営利非営利法人である。グルジア賭博協会の管理責任者であるGiorgi Mamulaishviliは、同協会は財務省と協力しているが、まだ業界関係者は新たな追加改革の詳細を知らないと述べた。Mamulaishviliは、政府の新たな増税の増加分をカバーするための規定を設ける必要があるとギャンブル会社に注意を促した。彼はまた、改革はグルジアの管轄内で利用可能な 「外国および違法サイトの流入」 の結果として必要であると述べた。また、法改正の完全実施は2024年に予定されており、改革は来年にかけて段階的に導入されると付け加えた。

関連トピック:

FaZe、マルタで開催されたESLプロリーグシーズン17で優勝

ブラジルのeスポーツ大手が欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択

注目:SiGMA アジア–世界iゲーミングフェスティバルが7月19日から22日までマニラで開催

関連ポスト

SiGMA…

B2CアフィリエイトポータルのSiGMA…

SiGMA…

デジタルプラットフォームの台頭、グラフィ…