SiGMA

Kindredはノルウェーの罰金判決に 「強く反対」 、法廷で異議を申し立てる

掲載日時 11月 22, 2022 10:57 Category: オンライン , ヨーロッパ , 規制 , 投稿者 Sharon Singleton

Kindred Groupは、同社のTrannel International部門に対する強制的な罰金を再び科すというノルウェーの規制当局の決定に強く同意せず、今後も裁判所でその決定に異議を申し立てていくと述べた。

プレスリリースの中でKindredは、マルタのライセンスを持つTrannelが2019年からノルウェーの賭博管理局の停止命令によって提起された問題を改善するための措置を講じたと述べた。

すべてのサイトの言語をノルウェー語から英語に変更し、ウェブサイトからノルウェーの国旗を削除した。また、ノルウェー語でのすべての広告およびマーケティング活動を停止し、ノルウェー語を話すカスタマーサービスエージェントの提供も停止した。

「これらの変更と、それとは反対の明確なコミュニケーションにもかかわらず、NGAは、Trannelの提供は依然としてノルウェーの住民を対象としているため、強制的な罰金を復活させることを決定したと誤って主張している。」としている。「ノルウェーの居住者がEU/EEA地域でライセンスされ、安全で安心な環境内で提供される国際的なギャンブルサービスにアクセスして使用することは完全に合法であるため、TrannelはNGAの評価に断固として同意しない、Kindredはノルウェーに居住する顧客を受動的に受け入れ続ける」。

Kindredはまた、NGAはノルウェー以外に管轄権を持っていないため、罰金は強制力がないと指摘した。

英国を拠点とするこのグループは、社会に積極的に参加し、税金で貢献することを望んでいるため、ノルウェーでギャンブルライセンスを申請したと述べた。それは、関係当局の監督下で運営者が働くことができる、地元で認可された透明な市場がノルウェー社会の最善の利益であることを強調した。

ノルウェー政府は昨年、同国でライセンスを持たないノルウェー人にサービスを提供する企業に対する規制を強化することを目的とした新しい賭博法を導入した。

Related Posts

AUSTR…

オーストラリアの金融監視機関であるAUS…

Luckb…

Luckboxブランドでビジネスを行って…