マドラス高等裁判所がオンラインゲーミングの禁止を決定

Content Team 11ヶ月前
マドラス高等裁判所がオンラインゲーミングの禁止を決定

インドのタミル法大臣Sevugan Regupathyは、2021年にマドラス高等裁判所がオンラインゲームを禁止し、この分野を規制する新法を成立させる判決を下したが、これは実行される可能性が最も高いと述べた。Regupathyはタミル・ナードゥ州立法議会の議員であり、法律、裁判所、刑務所、汚職防止担当大臣である。

タミル・ナードゥ州のゲーミング

タミル・ナードゥ州の賭博および警察法 (2021年改正法) は、 「サイバースペース」 およびあらゆる形態のオンラインギャンブルにおける賭けと賭けを禁止した。大臣は、タミル・ナードゥ州政府による禁止は 「立法府の権限を前提としたもの」 ではないと述べた。タミル・ナードゥ州議会がオンラインゲーム禁止法案を採択した場合、 「知事は同意しなければならず、彼が辞退する可能性は全くなかった」 と彼は付け加えた。

法案

返還は知事と政府の軋轢を生むとみられる。議会は2022年10月に法案を可決した。政府は、過去二年間に 「少なくとも44人が金銭を失って命を落とした」 ことを確認した。多くのロビー団体が法案成立の遅れを理由に政府を攻撃している。

法案には具体的に、オンラインギャンブルサービスや、金銭やその他の賭け金を賭けたあらゆるチャンスゲームを提供する事業者は認められないと明記されている。さらに、 「いかなる形であれ、禁止令に違反するオンラインゲーム」 をプレイすることは誰にも許されないとしている。

ギャンブルの広告やメディアプロモーションに関する条項もある。法案によると、金銭やその他の賭け金でオンラインギャンブルに興じることを促進する 「電子通信手段」 による広告は禁止される。また、オンラインギャンブルに関連する金融セクターも対象としており、具体的には銀行や金融機関、借り手がオンラインゲームに関連する資金の取引を行うことを禁止している。

この法案は、オンラインのラミーが生徒に与える影響について学校教育部が行った調査に基づいている。

禁止を採択する義務

Ravi知事は、2022年10月19日に議会で可決されたタミル・ナードゥ州オンラインギャンブル禁止・オンラインゲーム規制法案について、国には 「立法能力がない」 として差し戻していた。M.K.Stalin首相は、同法案が再び議会で採択された際、Ravi知事は同意する義務があると述べた。

関連トピック:

フィリピンはゲーミング投資家や運営会社にとって魅力的

フィリピンのSiGMAイベントは、国内最大のエキスポセンターで開催される

PAGCOR、フィリピンで記録的な収益を発表

Share it :

Recommended for you
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
7ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前
Content Team
8ヶ月前