SiGMA

NSW、すべてのポーカーマシンをキャッシュレス化する計画を発表

掲載日時 2月 06, 2023 15:37 カテゴリー: アジア, カジノ, 土地ベース, 投稿者 Maria Debrincat 翻訳者: Wade Cito Wheelington

ニューサウスウェールズ州首相のDominic Perrottetは月曜日、マネーロンダリングと強迫的なギャンブルに対抗するため、すべてのポーカーマシンを5年以内にキャッシュレス化すると発表した。この公開された計画は閣議を通過し、数か月にわたる国民の議論と大きな反対の後に発表された。

「それは命を救うだろう。雇用を守り、NSW全体のコミュニティが現在も将来もより強固になることを保証します。」と述べた。

人口2500万人のオーストラリアには、世界の100万台の合法ポーカーマシンの約1/5があり、その半分はニューサウスウェールズ州にある。

州政府、ニューサウスウェールズ州のパブ、クラブが作成した3億4400万ドル規模の計画によると、すべてのポーカーマシンにキャッシュレス・ゲーム・システムを導入するために5年間の猶予が与えられ、プレイヤーは自分でロスキャップを設定できるようになる。計画によると、州全体の自己締め出し登録制度が確立され、500ドルの現金による一時的なフィードイン制限が実施され、選手カードは単一の銀行口座に紐付けられる。

各プレイヤーは自分で支出上限を設定できるが、変更できるのは毎週1回だけである。

政府は、この措置により、犯罪者がポーカーマシンを使って資金洗浄を行うことが困難になるとしている。これは、利用額に制限を設け、銀行口座の資金でしか賭けることができないようにするためである。

2020年に始まった一連の調査で、カジノ運営会社がマネーロンダリングや強迫的なギャンブルを止めなかった事例が多数発見されて以来、NSWの政治家に対するギャンブル部門の影響が注目されている。

Perrottet氏は、バーやクラブだけでなく、政府も選手の個人情報を収集したり保存したりしないことを確認した。

10月、SiGMAニュースは、パブやクラブの電子ゲーム機を通じたマネーロンダリングを取り締まるための広範な調査を受けた改革案を報じた。

関連ポスト

SiGMA…

SiGMAグループは、来る11月にマルタ…