Playtika、従業員の15%を削減、CEOは減給

Content Team 1年前
Playtika、従業員の15%を削減、CEOは減給

Playtika Holdingsは、将来的にイスラエルを拠点とするゲーム会社を位置づけるために、全世界のスタッフの15%を削減し、3つのプロジェクトを閉鎖すると発表した。

同時に、最高経営責任者のRobert Antokol氏は、来年の基本給の引き下げと、2024年にイスラエルの法律で最低水準にすることを要求した。同社が米証券取引委員会に提出した書類によると、取締役会の報酬委員会はこの提案を受け入れた。

Antokol氏は、米証券取引委員会に提出した電子メールで人員削減のニュースを従業員に伝えた。

「今日皆さんに伝えるニュースは難しい」 と彼は書いた。「熱心に検討した結果、素晴らしく才能ある同僚や友人に別れを告げ、約15%の人員削減を決定しました。この決定は容易ではありませんが、将来に向けてPlaytikaを最適な位置に置く必要があると考えています。」

Antokolは、非中核的な取り組みを縮小し、スタジオを統合して効率性を高めると述べた。また、Woogaのクリエイティブチームを通じて、新しいゲームコンセプトの評価を一元化する。

3つの現行タイトルがパイプラインから削除されたという。

合計で600人強のスタッフが削減の影響を受けている。

第三四半期の売上は6億4780万ドルで、前年の6億3590万ドルをわずかに上回った。

調整後EBITDAは2億3070万ドルと、前年の2億4780万ドルから減少した。

先月、PlaytikaはトルコのAce Gamesの少数株式を2500万ドルで購入すると発表したが、これは高成長の可能性のあるゲームに費用対効果の高い方法で投資する戦略の一環である。

Share it :

Recommended for you
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前
Content Team
11ヶ月前