カタールの首長、Manchester Unitedを買収する可能性はある

Content Team 1年前
カタールの首長、Manchester Unitedを買収する可能性はある

投資銀行家で投資家のSheikh Jassim bin Hamad al-Thaniは、Manchester United Football Clubの売却の入札者2人のうちの1人に指名されている。

目立たないことで知られるSheikh Jassimは、Manchester Unitedをサポートするなど、サッカーに情熱を注いでいる。彼はクラブに入札して興味を示した。プレミアリーグのクラブ売却は、スポーツチームの新記録となる。

2人の入札者のうちの1人

Manchester Unitedは現在、アメリカの一族であるGrazersが所有している。2005年に買収した。他にこのクラブを買収しようとしているのは、英国の億万長者Jim Ratcliffe卿だけだ。クラブファンは結果を心待ちにしており、Grazersのクラブとの戦いぶりにはあまり満足していなかったと伝えられている。

Sheikh JassimはManchester Unitedを 「かつての栄光」 に戻すと約束した。彼はクラブの選手とそのインフラに持続的に投資することを約束した。これは、Nine Two Foundationと呼ばれる確立された手段を通じて行われる。Sheikh Jassimの入札は負債を伴わず、クラブの評価額は約45億米ドルと見込まれている。これは非公開の入札であり、この取引はカタール国とは無関係であることが非常に明確にされた。

Sheikh Jassim bin Hamad al-Thani

Jassim bin Hamad bin Khalifa Al Thaniは1978年カタール生まれだった。彼は前カタール首相Sheikh Hamad bin Jassim al Thani(別名HBJ) の次男である。フォーブスによると、彼の父親の資産は13億米ドルと記録されているが、ドーハではこれよりもはるかに裕福であると噂されている。Sheikh Jassimはイギリスで教育を受けた。サンドハーストの王立陸軍士官学校とドーセットの国際シャーボーン・スクールに通った。現首長の遠戚にあたる。

2010年、28歳でCredit Suisseに入社。当時、彼はスイス銀行のカタール投資家の利益を代表していた。カタールはスイスの銀行に数十億ドルを投資していた。彼の元同僚たちは、彼を会議中に決して口を利かない、物静かで控えめな人物だと述べている。彼は非常に明敏な実業家として尊敬されている。

彼はMirqab Capitalの家族投資のポートフォリオを管理し、現在彼が大株主であるQInvestQatar Islamic Bankの会長を務めている。

関連記事:

英国政府、サッカーのホワイトペーパーを発表

Share it :

Recommended for you
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前
Content Team
10ヶ月前