SiGMA

World Wrestling Entertainment、注目度の高い試合を合法化へ

掲載日時 3月 10, 2023 11:54 Category: アメリカ , スポーツベッティング , 土地ベース , 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

World Wrestling Entertainmentは、米国で注目を集める試合のためのギャンブルの合法化に取り組んでいる。同社は現在、コロラド州やミシガン州の賭博規制機関と交渉中で、賭博を始める許可を求めていると報じられている。

スクリプト化された一致の保護

彼らの計画を支援するために、今でも 「ニッチ」 と考えられている注目のスポーツのプロモーターは、世界的なコンサルティング会社であるErnst&Youngのサービスも利用し、スクリプト化された試合結果が一般に漏れないようにしている。

台本通りの結果を秘密にすることは、WWEにとって常に課題であった。これまで同社は、アカデミー賞などの授賞式と連携し、メディアで試合が放映されるまで結果を秘密にしていた。リークを避けるために、WWEでは、各ショーの開始直前までレスラーの結果を保留するという非常に厳しいルールを採用していることが知られている。

FanduelやDraftKingsなど多くのゲーム運営会社が既にアカデミー賞授賞式の賭けサービスを提供しているが、WWEは大規模なプロレスイベントの賭けを拡大できることを期待している。

アメリカ国外のスポーツブックではWWEの賭けが提供されている

アメリカ国外のスポーツブックでは既にWWEの賭けが可能になっているが、アメリカへのサービス拡大はほとんどのスポーツブック運営者から強く支持されている。

業界がすでにAll Elite Wrestlingでアメリカのプロレスに賭けているような形で、競技・イベント会社はすでにDraftKingsと提携し、アメリカのファンがメジャーなプロレスの試合やイベントに賭けられるようにしている。このスキームは異なる方法で機能し、プレイヤーはお金を賭けることを許可されるのではなく、 「クイズ」 タイプのゲームに参加し、勝者が試合の結果を予測できれば賞金を提供する。

合法的な賭けの結果が実現しない場合、WWEは各試合に関連した架空のストーリーに賭けられるようにするバックアッププランを準備している。

アメリカにおけるスポーツベッティング

カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州など多くの州では、スポーツベッティングは依然として違法であると考えられている。スクリプト化された試合のためにギャンブルを行うことを許可するこれらの州からの反応はまだ見られない。

World Wrestling Entertainment

World Wrestling Entertainmentは、アメリカのプロレスのプロモーションおよびエンターテイメント会社である。最近ではメディアや映画、アメリカンフットボールなど他の分野にも進出しており、他のベンチャー企業や業務提携、子会社もある。同社はそのコンセプトと知的財産を第三者にライセンスし、ビデオゲーム、玩具、アクションフィギュアを製造している。.

WWEは1953年にCapitol Wrestling Corporationとして設立された。現在、世界最大のレスリング・プロモーターである。30の言語で10億以上の家庭で利用できる。

関連トピック:

テキサス州でスポーツ賭博の合法化を求める声

注目:SiGMA アメリカ–世界iゲーミング祭が6月14日から17日までサンパウロで開催される。詳細はこちら

トップオンラインカジノはこちらのリンクから 「SiGMA Play」 にアクセス

関連ポスト

Zenex…

この独占インタビューでは、Zenex T…