SiGMA

SiGMA インサイト:ゲーミング分野におけるESGへの道を開く

掲載日時 4月 13, 2023 10:08 カテゴリー: イベント, ディープテック, ヨーロッパ, 投稿者 Lea Hogg 翻訳者: Wade Cito Wheelington

誰もがグリーン化を望んでいます-すべての企業とすべてのビジネスは、ESGへの強いコミットメントを持つ戦略のアイデアを好みます。企業がプレッシャーを感じているのは、ESGが動くターゲットであるからだ。先回りしてESGにいち早く対応したい人もいれば、後れを取っている人もいるが、最終的には従うしかない。

マルタのゲーム規制当局はESGに準拠することを優先している。マルタ賭博局 (MGA) は、管内に登録されたiゲーミング企業がESG結果を報告し、進捗を監視するための自発的なESG報告プラットフォームを開始した。企業の持続可能性報告指令 (CSRD) では、2024年からESGのパフォーマンスを報告することが義務付けられています。

環境悪化が経済成長を妨げる

マルタ経済社会開発評議会David Xuereb議長は、今週マルタで開催されたPKFの再生可能エネルギーとESGに関する会議で、多くの組織がESG戦略の実施を開始したと述べた。自発的には、資金もなく、多くの企業が移行のプロセスを開始した。これは通常、これらの企業のCEOや取締役会が成熟した見通しを持ち、関連するリスク評価を行っていることを意味する。同社のカーボンフットプリントを測定することで、同社のベンチマークを競合他社のベンチマークと比較することができる。良い正確な予測があれば、会社のある場所から移行のプロセスを開始し、特定の日までにネット0を目指すための正しい計画を実行することができる。

Xuereb氏は会議で、よりグリーンでより持続可能な経済への移行について語った。彼は、コミュニティへのコミットメントは文化の変化を生み出し、すべての企業はESG戦略を整備する必要があると述べた。上場企業は、サプライチェーン全体の報告手順を正式に定める必要がある。Xuerebは、経済成長は常に天然資源を利用する必要があるが、自然は自らを再生する能力を持っていると指摘した。再生可能エネルギーでさえ採掘を必要とするため、移行はそれほど単純ではないと付け加えている。

「ESGの大きなリスクはグリーンウォッシングである。KPIなどでの行動など、何かを測定しない限り、グリーンウォッシングであることを学んだ。2050年までにカーボンニュートラル経済を達成したいと考えていることは分かっています。同じようにしない国は見たくない」 とDavid Xuereb、マルタ経済社会開発評議会 (MCESD) 議長が述べた。

Xuerebは、移行は公的部門と民間部門の間の協力に大きく依存していると説明した。政府は、カーボンニュートラルに向けて必要とされる変化の実施を支援する規制・財政状況を確立する上で重要な役割を果たす。この変化の大きさは産業革命に例えられている。そして切り替えには莫大な投資が必要となる。このアジェンダを前進させたい人は、経済成長につながる機会を作るためにあらゆる方向に押し進める必要があるだろう。

ESGにおける 「E」 の実装

MCESDのチェアマンは、 「規制の問題を超えて、ESGが必要である多くの正当な理由があることを発見した」 と述べ、ESGの 「E」 が重要である最も説得力のある理由は、このトピックに関する多くの知識と意識がすでにあることであると付け加えた。彼は、若い世代がよりグリーンな未来にコミットしており、このトピックについて十分な情報を持っていると確信している。そして、このような理由もあり、教育、再教育、訓練は、 「過去の方法が失われ、よりクリーンな未来への方法がここに留まる」 ように、このメガシフトを成功させるために不可欠である。彼は、政策立案者がこの問題について国民を教育する新しい方法を考え出すべきだと強く信じている。

「私はこの分野の専門家ではなく、むしろ私たちの使命が何であるべきかに焦点を当てたいと思います。なぜESGの 「E」 が優先されるのか?一般の人々は、以前よりもはるかに重要視しているため、ESGが何であるかを理解しやすくなっている。移行するために、できるだけ多くの人と仕事をしたいと思っています。これが私の本職です。私はそれにコミットしています」-David Xuereb, 議長-マルタ経済社会開発評議会 (MCESD)

簡単に言えば、Xuerebは、利害関係者が最高レベルの誠実さを維持することの重要性を、コーポレートガバナンスに対する倫理的アプローチで要約している。企業には説明責任が求められており、このアプローチを業務のあらゆる側面から株主との対話にまで適用することが求められている。

AIと新技術

EUの非財務報告の枠組みがマルタの持続可能性目標の達成をどのように支援できるかは、金融サービス弁護士のDr Robert Spiteriが司会を務める会議のパネルが検討したトピックの1つであった。マルタ商工会議所のCEOであるMarthese Portelli博士も参加した6人のパネリストの1人であるXuereb氏は、新興技術に焦点を当て、ESGを支援し、評価する上でAIが大きな役割を果たすだろうと述べた。ESGのデジタルトランスフォーメーションは、エネルギー使用量の記録と最適化、炭素排出量の削減、水の効率化を実現する最新技術を使用した 「インテリジェント」 ツールによって主導される。「技術だけで気候変動問題を解決することはできず、利益を損なうこともない」 とし、 「実際、技術は経済を変革し、国を変革する」 と主張した。

ESG
パネルはPKFのESG会議でEUの非財務報告の枠組みを探る

マルタESGアライアンス

マルタESGアライアンス (MESGA) は、グローバルなESG目標を達成するための企業を支援するプラットフォームとして2022年に設立された。例を挙げれば、コラボレーションの13人の創設メンバーは様々な業界の出身者である。アライアンスは、政策立案者と協力して「中小・大企業が力を合わせ、強靭で責任ある企業に貢献する 」ビジネスコミュニティを誘致することで、連携の役割を果たしている。

ケーススタディ:Boyd Gaming

ストーリー。カジノ運営会社のBoyd Gamingは現在、アメリカの10州で28のゲーム・エンターテイメント施設を運営している。カリフォルニア州北部で部族カジノを経営し、B 2 BおよびB 2 Cオンラインカジノゲーム事業のBoyd Interactiveを所有・運営している。また、同社はスポーツ賭博大手FanDuelの戦略的パートナーであり、5%の株式を保有している。

挑戦。環境を守り、ステークホルダーに 「敬意と誠実さ」 を持って接すると同時に、常に地域社会に最善の利益をもたらすことを約束した。そのESGアジェンダは、カーボンフットプリントを削減し、埋立地に送られる廃棄物の量を最小限にすることによって、エネルギーの消費量、水の使用量を削減し、気候変動と戦うことを約束した。ゲーム会社としてのBoydは、責任あるゲーミングの実践と促進も約束している。また、アジア系アメリカ人、太平洋諸島系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、ラテンアメリカ系アメリカ人をより多く雇用し、より多様な労働力を確保するため、人材にも多額の投資を行った。

Boydは多様性を擁護する。同社は、従業員の63%を占め、従業員の55%が女性であるマイノリティグループの多様性とインクルージョンに対する意識を常に高めている。Boyd Gamingはまた、世界的な人権ポリシーを正式に制定し、実施した。コミュニティの面では、Boyd Gamingは従業員構成の多様性を反映しており、アジア系アメリカ人と太平洋諸島系アメリカ人が少なくとも17%、アフリカ系アメリカ人が16%を占めていることを誇りにしている。正規職員の14%はヒスパニックまたはラテンアメリカ系である。

ESGアプローチ。ボイド流に配慮することが、同社のESG哲学である。Boyd Gamingは、ESG戦略のポジティブな結果を発表し、主要な取り組みの進捗状況とともに 「環境・社会・コーポレートガバナンス・レポート」 を発行した。調査結果では、2017年の使用量と比較して、エネルギー消費量が31%減少したと報告された。

社長兼CEOのKeith Smithは、最高の誠実さと倫理的条件で運営することを約束した。

「今年のレポートで概説されているように、2022年にはボイド社のチーム全体が戦略的ESGイニシアチブを前進させる優れた進歩を遂げ、ステークホルダーと私たちが故郷と呼ぶコミュニティに良い影響を与え続けました」-Keith Smith,CEO-Boyd Gaming

結果。同社の温室効果ガス排出量は35%削減され、水の消費量は30%以上削減された。「廃棄するのではなく再利用する」 というリサイクルの取り組みによって廃棄物は削減され、2022年には総転用率がほぼ54%を記録した。これには、埋立地廃棄物からの年間200万キロを超える物質が含まれている。

マルタのiゲーミング管轄区域におけるESGコンプライアンス

マルタ賭博局 (MGA) は、2024年からすべての大企業と上場企業は、企業の持続可能性報告指令の下で行動規範に従うことを義務付けられると発表した。主要なゲーム管轄地域としてのマルタの評判を高め、 「イノベーションの最前線にとどまる」 ための取り組みとして、iGaming部門のための自発的なESGの優れた実践のコードが開発される。

これにより、マルタ管轄地域のライセンシーがESG法を遵守し、ビジネスに対する持続可能なアプローチから利益を得ることを支援する。MGAはまた、iゲーミング部門の指令は、コミュニティへのESGの影響を考慮するために、すべての利害関係者に適用されると付け加えた。

MGAは、業界の意識を高め、透明性と説明責任を促進するために、ライセンシーと主要な利害関係者からの相談を受けて調査を開始した。

 

David Xuerebはマルタ経済社会開発評議会 (MVESD) の議長である。4月12日にマルタで開催されたESGと再生可能エネルギーの関連性を探るPKF会議で講演した。建築家を職業とするXuerebは、マルタ商工会議所の元会長である。

PKFは世界中に400以上の事務所を持つ国際組織であり、監査、保証、税務、助言サービスを専門とする五つの地域の150カ国で活動している。

マルタ経済社会開発評議会 (MCESD) は、経済的および社会的に関連する問題についてマルタ政府に意見や勧告を出す諮問評議会である。

関連トピック:

ゲーミング大手のFlutterが会長にJohn Byrantを指名

SiGMAインサイト:タイにおけるゲーミング-パート2

STOP PRESS:注目:SiGMA アメリカ–世界iゲーミングフェスティバルが6月14日から18日までサンパウロで開催される。

関連ポスト

SiGMA…

SiGMAグループは、来る11月にマルタ…