SiGMAインサイト:フィリピンのeスポーツは東南アジアの強豪

Content Team 1年前
SiGMAインサイト:フィリピンのeスポーツは東南アジアの強豪

他の東南アジア地域とは異なり、フィリピンではeスポーツは合法的なスポーツとして認められている。
フィリピンのゲーム・娯楽委員会 (PGAB) は大統領府の管轄下にあり、プロのeスポーツ選手に
ライセンスを与え、国際的なトーナメントに参加する自由を与えている。

Sibol

同国の定評あるeスポーツ代表チームSibolは広く競技を行い、2022年バリ島で開催されたeスポーツ世界選手権では表彰台に上った。2023年にカンボジアで開催される東南アジア競技大会に出場する予定。Team Sibolは、Mobile Legends、Dota 2、StarCraft IIなどを含む複数のeスポーツタイトルをホストしている。先の東南アジア競技大会では過去最高の金メダル3個を獲得した。Jason Rafael“Jay”Torculas、Allan Sancio“Lusty”Castromayor、Angelo Kyle“Pheww”Arcangel、Jeniel“Haze”Bata-anonなど最高の選手で構成されたこのチームには、Carlito“Ribo”Ribo、Karl Gabriel“KarlTzy”Nepomuceno、Kenneth Jiane“Kenji”Villaらが在籍していた。

eスポーツの理学士号

フィリピンeスポーツ機構 (PeSO) は、eスポーツを国際的な組織と連携し、現地の選手が世界で戦えるよう適切なトレーニングを提供することで、eスポーツの標準化を目指す国家運営組織である。先住民の才能を育てるために、eスポーツの4年制の理学士号が、Tier One EntertainmentのオーナーであるBlacklist Internationalと共同でフィリッピン大学のリセウムによって提供されている。

eスポーツの主要市場

同国はこの地域におけるeスポーツの重要な市場であり、4300万人以上のアクティブゲーマーがいる。CAGRは12%を超えて成長している。この市場は2025年までに15億米ドルに達すると予測されており、その背景には平均年齢25歳未満の1億1000万人の人口、高いスマートフォン所有率、および急速に展開されている5 Gネットワークがある。

フィリピンのeスポーツ団体には、Blacklist Internationalのブレンeスポーツ、Execration、Neon eSports、Omega eSports、Team Pacquiao GG、TNC Predatorなどがある。多くのローカルeスポーツトーナメントではかなりの規模の賞金プールが提供されており、ローカルリーグにはMobile LegendsやBang Bang Professional Leagueなどがある。

COVID後、同国のeスポーツ産業は大きく成長し、ゲーム開発会社のMoonton GamesRiot Gamesは投資や現地事務所の設立によって同国での事業を強化した。Dota 2、Mobile Legends:Bang Bang、League of Legendsが最も人気のあるゲームである。

Dota 2が賞金プール首位

Dota 2が1000万米ドル以上 (全体の60%以上) で最も多く、続いてMobile Legends:Bang Bangが300万米ドル、Call of Duty:Mobileが50万米ドルである。

最も収入の多いフィリピン人選手はDjardel Jicko“DJ”Mampustiである。彼はDota 2トーナメントに出場して110万米ドル以上の賞金を獲得した。昨年のフィリピンのeスポーツチームの収益リーダーはTNC Predatorが400万米ドル、Mineskiが230万米ドル、Execrationが40万米ドルだった。

現地の法律では、フィリピン人はオフショアカジノやスポーツブック、その他のギャンブルプラットフォームでギャンブルをすることができる。eスポーツに賭けることは合法であり、唯一の制限は、サイトはライセンスを取得し、原産国で登録されている必要があり、ベターは18歳以上でなければならない。試合中のライブベッティングも非常に人気がある。オンラインベッティングサイトを介したリアルマネーと固定オッズが最も一般的な賭けであり、支払いは仮想通貨、または銀行振込と電子ウォレットで行われることが非常に一般的である。

高級ブランドはeスポーツでコミュニケーション

Ampverseの創設者兼CEOのFerdinand Gutierrez氏はCNNのインタビューで、フィリピンにおけるeスポーツの将来についての洞察を共有した。Gutierrez氏は、Louis Vuitton、Gucci、BMWなどのグローバルブランドがeスポーツを利用してゲーム世代とつながりを持ち、その過程で収益モデルを変化させていることを説明した。音楽や長短の番組など、より大きな娯楽価値を促進するための混合コンテンツも、Gutierrezが特定したもう一つの進化傾向である。最後に、AmpverseのCEOは、携帯電話の普及がいかにゲームを民主化しているかを説明した。以前はPCベースの機器を購入できなかった東南アジアのプレイヤーも、携帯電話を使ってeスポーツの大会に参加できるようになり、フィリピンはeスポーツ大国に成長していると、Gutierrezは述べた。

フィリピンでは女性ゲーマーが増加しており、女性もeスポーツ産業の成長に大きな役割を果たしている。SibolのWomen Wild Riftチームも最近、eスポーツの女子で初の東南アジア競技大会金メダルを獲得した。

関連トピック:

FaZe、マルタで開催されたESLプロリーグシーズン17で優勝

ブラジルのeスポーツ大手が欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択

注目:SiGMA アジア–世界iゲーミングフェスティバルが7月19日から22日までマニラで開催

Share it :

Recommended for you
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前
Content Team
1年前