米プライベートエクイティ会社のIPOでボルサ・ミラノにLottomaticaを上場

Content Team 8 months ago
米プライベートエクイティ会社のIPOでボルサ・ミラノにLottomaticaを上場

Apollo Globalは、Lottomaticaをユーロネクスト・ミラノ取引所であるボルサ・ミラノに上場する準備を完了した。

Lottomaticaをボルサ・ミラノに戻すために、IPO (新規株式公開) によって4億6700万米ドルが調達されると見積もられている。これにより、同社の現在の負債は減少し、積立金は株主に分配される。

この取引により、Lottomaticaの純負債は14億3000万ユーロに減少する見込みである。これは2023年度の予想調整後EBITDAの約2.4倍である。

2023年第一四半期の暫定利益も明らかにされ、売上高は最大20%増の4億6500万米ドル、調整後EBITDAは最大25%増の1億7200万米ドルだった。

今回の買収を含むインターネット事業が成長の大きな原動力となった。同事業の年間売上予測は17億6000万米ドル、EBITDAは6億2700万米ドルを維持し、オンラインEBITDAは少なくとも3億200万米ドルに達すると予測された。

ミラノリスティング

ミラノにリスティングすれば、2021年にイタリアのギャンブル事業GamenetがLottomaticaのB2C資産を11億米ドルで買収した際に、米国のプライベートエクイティ会社が資金を提供したイタリアのゲーム部門Apolloからの撤退を意味する。

この買収はイタリアのギャンブル界を一変させ、GameNetはLottomaticaという歴史的な名前を引き継ぎ、市場最大の陸上事業者となった。

現在、Lottomaticaは3,000のベッティングステーション、1,400のゲーミングホール、13,600のタバコニスト/バーゲーミングマシン、120のゲーミングベニューのフランチャイズネットワークを管理している。

Lottomatica

LottomaticaS.p.A.はヨーロッパを代表する運営会社の1つであり、リーガルゲーム分野において税関・独占庁によって承認された最初のイタリア企業である。

当社グループは、スポーツベッティング・オンラインゲーム事業、AWP (景品付アミューズメント) ・VLT (ビデオ宝くじ端末) 事業、ゲーミングホール直営事業、独自AWP事業を展開している。

Lottomaticaはあらゆるカテゴリーのオペレーションで業界をリードしており、あらゆる販売チャネルで安全で楽しいゲーム体験を提供している。従業員数は約2000人で、フランチャイズネットワークでさらに約16,000人を雇用している。

Apollo Global

1990年に設立されて以来、Apollo Globalは、利回り、ハイブリッド、株式戦略のリスク・リターン戦略を横断して、機関投資家や個人投資家にサービスを提供するオルタナティブB2BおよびB2C投資で成功した実績を積み上げてきた。同社は世界中にオフィスを持ち、2,100人以上の従業員を雇用しており、そのうち700人近くが金融サービス分野の専門家である。

関連トピック:

SiGMA インサイト:ブラジルのeスポーツの利点

SiGMAインサイト:FaZe Clanがマルタの勝利でeスポーツ史に名を残す-パート1

ブラジルのeスポーツ大手が欧州における戦略的拡大の拠点としてマルタを選択

注目:SiGMA アメリカ–世界iゲーミングフェスティバルが6月14日から18日までサンパウロで開催される。詳細はこちら

Share it :